主婦の英語

IELTS(アイエルツ)を受けてみた!時間が無い方へのオススメの勉強法

IELTS(アイエルツ)は、4技能(リーディング・リスニング・ライティング・スピーキング)を測る、世界中で行われている英語のテストです。

育休中にIELTSを初めて受けてみたので、家事・育児で時間が思うように取れない中でどのように勉強をしたのかをシェアしたいと思います。

IELTS(アイエルツ)とは

IELTS(アイエルツ)とは、主に海外の学校へ進学する際に活用される、4技能の英語能力を測る検定試験です。

日本ではTOEICが有名ですが、海外ではTOEICのスコアはあまり広く認知されていません。国際的に英語能力を証明するものとしては少しインパクトに欠けます。

さらに、今年度は導入見送りとなったものの、大学入試英語成績提供システムに参加している民間英語検定として、IELTSは含まれています。

これらのことから、IELTS受験者数は高校生などを今後増加すると見られております。

 

ミソラ
ミソラ
将来、我が子も受けることになるかも…!

 

また、TOEICはビジネスシーンを想定していることが多いのに対し、IELTSはアカデミックな内容となり、学術用語も頻出します。

試験内容

IELTSは「アカデミック」「ジェネラルトレーニング」に分かれています。

アカデミック 英語圏の大学・大学院に進学する際に活用されることが多い
ジェネラルトレーニング 英語圏の留学・就労・移住などの際に活用されることが多い

 

ミソラ
ミソラ
学校に提出を求められることが多い方がアカデミック、一方でジェネラルトレーニングは日常生活に近い内容かな!

 

解答はマークシート式ではなく、全て記述式となり、「ペーパー」もしくは「コンピューター」で受験をします。受験地により異なるので注意しましょう。

試験時間はアカデミックもジェネラルトレーニングも同じです。問題の中身がリーディングとライティングは異なります。

リーディング 60分
リスニング 60分(アカデミック・ジェネラル同じ問題)
ライティング 30分
スピーキング 11〜14分(アカデミック・ジェネラル同じ問題)

 

受験費用

IELTSの受験費用は他の英語検定試験と比べて高いです(泣)

なんと、日本円で25,380円(税込)・・・

私は現地で受験したので200ユーロでした。レートや時期にもよりますが、海外で受験した方が安いという話を聞いたことがあったので、少しだけお得に受験できました。

スコア・結果

IELTSは合格・不合格は無く、バンドスコアが表記されて結果が出ます。

満点は9.0点で、0.5点刻みです。各スキルで個別スコアが出され、総合評価としてオールバンドスコアが出されます。

文部科学省が平成30年3月に示した各英語検定試験の対照表を参考にすると、英検2級の合格者で5.0点程度、英検1級の合格者で7.0点程度といったところでしょうか。

個人的な見解ですが、IELTSは英語初級者には少々難しい内容だと思われます。大学受験勉強で英語を勉強した経験があると最初のとっかかりではつまづきにくいかもしれません。

IELTSを育休中に受けてみた理由

IELTSを育休中に受けてみた理由

海外の大学に進学するわけでもない私が、そもそもどうして育休中にIELTSを受けてみようと思ったのか、主に3つの理由があります。

英語力向上のため

目標設定のため

育休復帰後の自分のため

英語力向上のため

英語力をアップさせるためには、様々な方法があふれています。

私の場合、夫がITELSの勉強で劇的に英語力をアップさせていたのを目の当たりにし、それだけトレーニングできる試験なのだと感じていました。

ほんの数年前までは、私の方が断然夫より英語ができていたのに、いつの間に私より流暢話したり理解したりするようになっていました。

理由を聞くと、

「IELTSで英語力が飛躍的に伸びた」とのこと。

仕事柄決められたスコアを提出しなければならないプレッシャーのもとに頑張っていたのもあると思いますが、それだけ4技能を総合的に底上げしてくれたのだと思います。

そんな夫の影響もあり、彼の後押しで私もIELTSを受けてみることにしました。

何か目標が欲しかった

海外に引っ越しきたものの、なかなか英語力が伸び悩んでいました。

また、学校に通っているわけではないので、特に意識をしなければ我が子のお世話をして買い物や家事をして・・・とただただ時間だけが過ぎていきます。

そして、どんな風に勉強すれば良いかも分かりませんでした。

もともと何かゴールがないと頑張れないタイプだったので、

「IELTSでこのぐらいのスコアをゲットする!」

という明確な数値目標を定めることで、英語の勉強にフォーカスし始めることができました。

仕事復帰を見据えて

育休中のうちに、数字が残る成果物や資格を取りたいと思っていました。

また、仕事柄、今後英語を使う可能性が高く、職場先に提出できるような証明が欲しいこともありました。

何より、「海外に1年以上も住んでい他のだから英語できるんだよね?」と思われてしまうであろうことに対し、周囲の期待に応えたいという想いもありました。

IELTSで時間が無い方のオススメの勉強法

IELTSの勉強法

あまり昼寝もしてくれない0歳児を抱えながら、どのようにIELTSの試験に向けて勉強したのか?

よく見かける王道の勉強法とは異なるところもありますが、少ない時間の中で私が実際に行ったオススメの勉強法について紹介します。

リーディング・リスニング

リーディングとリスニングの対策は多くの方が言っているように、

公式問題集・過去問を繰り返し解く

単語帳を一冊やる

これに尽きると思います。

テキストは最新版のものを買いましょう。

私は現地でも購入できたケンブリッジ出版の過去問直近2冊を購入しましたが、1冊しか手をつけられませんでした…。ケンブリッジ出版の過去問は全て英語で書かれています。

リスニングの音源はyou tubeにもアップされています。

日本語の解説が欲しい方は、ブリティッシュ・カウンセルの公式問題集を購入しましょう。

 

そして、まとまった時間が取れない忙しい方にオススメな勉強法は、

1問ずつ区切って時間を決めて解く

ということです。

例えば・・・

リーディングは全体で60分。

アカデミックの場合は、3問大問が出て各点数配分や難易度は変わりません。

要するに、本番では1問20分で解く必要があります。

練習では区切って解くので、本番の集中力の途切れや疲れ、見直しの時間などを考えて

家で勉強する時は1問15分ぐらいで解く練習をしておくことが重要です。

15分なら子供が昼寝している時間に解くことができます。

 

ミソラ
ミソラ
むしろ、起きる前に1問解いてやるぞ!という気持ちで取り組んでいました。

 

答え合わせも復習も隙間時間です。1日に2回15分を取れれば、リーディング1問解くことができます。

逆にいえば、それらの積み重ねで解くほか無かったのが実情だったので、こういったやり方で時間配分を気にして出来るだけスピーディーに解く練習を行いました。

ライティング・スピーキング

ライティングとスピーキングは1人で勉強することは、よほどセンスやストイックさが無いとなかなか厳しいと思います。

私はここにはお金をかけてベストティーチャーというオンライン英会話スクールにお世話になりました。

ベストティーチャーの詳しいレビューはこちらの記事をご参考ください。

ベストティーチャー
ベストティーチャーの詳細な口コミ!オンライン英会話の新手法!?現在オンライン英会話スクールは数多く存在します。 どれが自分に合っているか?悩むところですよね。 ここでは、筆者が現在活用しているB...

 

IELTS対策のオンライン英会話はいくつかありますが、ベストティーチャー

ライティングとスピーキングの両方の対策が受けられます。

そして、勉強時間が十分に取れなかった私は、ライティングとスピーキングはベストティーチャーのレッスンを受けることしか対策はしませんでした。

問題の内容や対策の立て方など、ゼロの知識の状態から、IELTS試験当日まで大体15レッスンぐらい受けました。

 

ミソラ
ミソラ
初めてのIELTSで、ライティングとリスニングは、日本人が得意とされるリーディングよりも高いスコアを取ることができました!

 

そして、なんと2020年3月にベストティーチャーの「IELTS対策コース」がリニューアルしています!

IELTSを運営しているIDPが監修したオリジナル問題が123問収められています。

ベストティーチャーのIELTSコースさえ受ければ十分な内容とボリュームです。

ベストティーチャーの無料体験を受けてみる

ベストティーチャーの講師陣の質が高く、IELTSの受験が終わった後も、継続して通常コースを受講して英語力向上のためにレッスンを受けていました。

 

IELTSを育休中の主婦が受けてみた結果

筆者のもともとの英語力は中級程度(現地で語学学校に1週間通った際に割り当てられたクラスはIntermediateでした。)と思われます。

最低限の日常会話はできるかな…というレベルの英会話力です。

そんな私の結果は、 R5.5 L6.5 S6.0 W6.0 のオーバーオール6.0でした!

勉強時間は1日1時間未満、勉強期間は2ヶ月程度です。勉強しない日もありました。

初めての受験で、目標を6.0と掲げていたので達成することができました。

 

IELTSを受けてみて気づいたこと

思い立って受けてみたIELTS…夫の理解があったからこそ、受験することができました。

ミソラ
ミソラ
総合的に考えて、受けてみて良かったです!

家事・育児が第一の毎日だと、自分自身を高める時間が意識しないとなかなか取れません。

そのような中でスキルアップのために使えた時間は、ママという役割に多く時間が割かれる中で、自分にとって大切な自己投資となりました。

以下に簡単にIELTSを受けて良かったこと・悪かったことをまとめましたので参考にしてみてください。

IELTSを受けて良かった点

・勉強習慣が定着し、英語力が伸びた

・弱点が分かり次の目標を立てやすくなった

・育休中に何か数字を残せることの喜び

・受験料が高い分、より頑張れる

IELTSを受けて悪かった点

・受験料が高いので再受験のハードルが高い

・世界的にアカデミックが主流でも、ビジネスパーソンや主婦にはジェネラル・トレーニングの方が合っているかもしれない

・英語力の力試しには少々重い試験である